ダイノックシート工事(玄関ドア両面)

東京都練馬区

桜台のマンションにて玄関ドアの補修工事(ダイノックシート)をおこないました。サビが全体に広がってしまい無数の凸凹ができてしまっている状態、まずは電動サンダーを使い表面を慣らしていきます。ここまで下地の状態が悪化しているとほぼ全面にパテを打ち平面を形成していくしかありません。数回パテとケレンを繰り返し平滑にしてからプライマーを塗布します。最後に両面とも既存と類似色のシートを貼り込み完成です。ダイノックシートは補修箇所が多いほど下地処理の出来が貼った後の仕上がりを左右します。今案件はとても良い例で職人技術の光るところです、どこまで修復できるか心配していたお客様も出来の良さに感心されるばかりでした。ご依頼者様この度は工事のご依頼誠にありがとうございました。

下地処理中

株式会社MEDIARISE(メディアライズ)株式会社MEDIARISE(メディアライズ)
株式会社MEDIARISE(メディアライズ)株式会社MEDIARISE(メディアライズ)

ご要望に応じた内外装工事、ダイノックシート施工、高所作業のご相談等(施工方法、見積もり、施工日時等)小さなことから大きなことまでお気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせフォーム

↓直近100件の施工実績↓

ダイノックシート特集ブログ
看板特集ブログ
原状回復リフォーム特集ブログ

アクセスカウンター