外壁シーリング打ち替え工事(一軒家)

千葉市稲毛区

黒砂の一軒家にて外壁のシーリング打ち替え工事をおこないました。外壁のシーリング耐用年数は10年と言われており、紫外線によってシーリングの痩せやシワ・ひび割れが進行します。これを放っておくと外壁の防水機能がなくなり、雨や汚れにより建物本体へダメージに繋がりますので定期的なシーリングの増し打ち、又は打ち替えが必須です。今案件は前回の施工が優に10年以上前だったようでビフォー写真だと既存のシーリングが見えないくらい痩せて割れてしまっているのがわかりますので打ち替えとなります。外壁周りに足場を組み、いざ作業開始です。まずは古いシーリングを全箇所カッターで切り取って行きます。溝が綺麗になったらサイディングボード部分に養生テープを貼りシーリング材が余計な所に付かないよう保護します。次にシーリング材の定着を良くするために接着剤(プライマー)を塗っていきます。そしてコーキングガンを使用してシーリングを各所打ち込み、ヘラでしっかり密着させます。養生テープを剥がして足場を撤去し、丸一日乾かし完全硬化すれば完了です。外壁のシーリング打ち工事は足場が必要な場合も多く初期費用はかかりますが、これで10年間建物が守られると考えれば価値のある投資です。この機会に一度ご自宅の外壁も確認されてみて下さい。もしかしたら、、、と思われたら気軽に弊社の完全無料現地お見積もりをご利用下さい。ご依頼者様この度は工事のご依頼誠にありがとうございました。

株式会社MEDIARISE(メディアライズ)株式会社MEDIARISE(メディアライズ)

ご要望に応じた内外装工事、ダイノックシート施工、高所作業のご相談等(施工方法、見積もり、施工日時等)小さなことから大きなことまでお気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせフォーム

↓直近100件の施工実績↓

ダイノックシート特集ブログ
看板特集ブログ
原状回復リフォーム特集ブログ

アクセスカウンター